関節痛の原因と予防法とは?

関節痛になる原因は様々なものがありますが、日本人に一番多いのは加齢によって膝の関節でクッションの役割を果たしていた軟骨がすり減ってしまったことで、しびれや痛みを感じてしまうというものです。

変形性関節症とも言われており、加齢の他にも激しいスポーツをしていたり、肥満で膝に負担をかけている人、O脚などで膝に負担をかけている人にも起こりやすい症状です。

階段の上り下りがつらくなったり、O脚が進行してしまうケースも見られます。関節痛になってしまったら、病院で減ってしまった軟骨成分を補うヒアルロン酸やコンドロイチンが配合された薬を処方されたり、痛みを抑えるために消炎鎮痛剤や湿布や、関節を保護するためのサポーターなどが処方されます。

自分自身で関節痛を予防する方法には、関節の周りの筋肉を鍛えるようにしましょう。筋肉が弱ってしまうと動きも悪くなってしまうため、関節の可動域が狭まって痛みが出やすくなってしまいます。

また、関節を冷やさないようにしたり、関節に負担がかかる動作や運動をなるべく避けるようにするために、床に直接座る生活をせずに椅子に座るようにしたり、急に立ち上がるなどの動作を避けることも関節痛の予防に繋がります。

さらに膝の軟骨成分であるヒアルロン酸やコンドロイチンは加齢とともに体内での生成量が減少してしまうため、サプリメントや食べ物などから不足してしまった分を補給することも予防法の一つになります。

関節痛の原因の判断基準

関節痛は数多くの理由が積み重なって起こる場合も多く、そのために原因を把握するのが難しい症状です。そのため、原因を特定するためには、その直前に行っていた、関節痛になり得る行動を振り返ることが重要となります。

また、それらに思い当たらない場合、病気の可能性もあるため、注意が必要となります。 しかし、その行動や病気がどのような物かを知らなければ、対策を用意することは出来ません。

それを知る事こそが、関節痛にとって最も重要な事だと言えるでしょう。   まず、変形性関節症が挙げられます。

この症状は老化によって関節が弱くなる事で起こります。そのため、急に症状が発生することほとんどなく、少しずつ進行していきます。普段の生活で痛みを感じていなければ、この症状である可能性は低いと言えるでしょう。 次に関節リウマチの可能性もあります。

こちらは免疫異常によって起こる炎症が原因です。関節リウマチを発症した場合、突然、複数個所の関節が同時に痛む事が多いです。そのため、こちらの症状を判断することは難しくありません。 この二つに該当しない場合、初めて普段の生活を考えてみると良いでしょう。

身体にとって負担が大きい行動をしていないかが特に重要です。 そして、どれにも該当しない場合は他の要因によって起こっている場合が多いと言えるでしょう。

医師に相談し、しっかりと検査をしてもらうことが重要となります。また、どの関節痛も、自力で治すことは簡単ではありません。病院に行き、処置を受けることが大事だと言えるでしょう。